浮気に関する相談

『この出来事を忘れないようにブログに書いて下さい。』

こんにちは、柊探偵です。

以前、浮気調査を依頼した奥さんから近況の報告があり、自分のことをブログに書いて下さいと言われたので、今回はその奥さんのことを書きます。

 

奥さんは、ご主人が女性と電話やメール・LINEのやり取りを10年以上続けているのを知っていました。

内容から浮気しているのは明らかでしたが、なかなか調査に踏み切れませんでした。

奥さんは毎日ご主人のメールをチェックし、やっと2人が約束している日がわかり、調査を行いました。

まず1日目、仕事と言って自宅を出たようですが、パチンコ店の駐車場で服を着替えます。

そして、倉敷市内のゲームセンターで女性と待ち合わせ、カフェで食事を取った後、車内で1時間過ごして別れます。

その女性は、岡山市東区のアパートへと帰宅します。

 

しばらく調査日が絞れず、数ヵ月後に2日目の調査を行いました。

ご主人は電車通勤で、帰宅するときはいつも西阿知駅で下車しますが、この日は中庄駅で途中下車します。

そして、中庄駅に止まっていた車の助手席に乗り込みます、運転席には女性の姿。

女性の容姿を確認したところ、以前会った女性とは別の女性でした。

それから、岡山市北区の食堂で昼食を取った後、ホテルに入り、無事に証拠を掴むことができました。

その後の調査で、女性には夫と子供がいることがわかりました。

 

現在の奥さんの状況ですが、ご主人とは別居になっているそうです。

2人の女性に対し慰謝料請求を行おうとしましたが、1人目の女性は、食事に行っただけなので、慰謝料は請求できませんでした。

2人目の女性には慰謝料請求を行いましたが、支払いを拒否されたそうで、これから裁判になると言われていました。

しかも、その女性の夫からご主人に対し、慰謝料請求をされているそうです。

 

浮気の証拠があった場合、裁判になることが自体珍しいです。(ほとんどは浮気を認めて、諦めて慰謝料を払います。)

奥さん、ご主人、浮気相手の女性、浮気相手の女性の夫、4人がそれぞれ弁護士を雇い、現在も係争中とのことです。

浮気の証拠があって、ここまで揉めることは少ないので、非常にレアなケースです。

奥さんは、「証拠が無いと、ここまで戦えませんでした。本当にありがとうございました。また進展があったら連絡します。」と言われていました。